コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮川香山 みやがわ こうざん

4件 の用語解説(宮川香山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

宮川香山

宮川長造の長子。京焼と薩摩金襴手を合わせた様な美陶をつくる。帝室技芸員。大正5年(1916)歿、75才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みやがわ‐こうざん〔みやがはカウザン〕【宮川香山】

[1842~1916]陶芸家。京都の生まれ。横浜の太田町に築窯し、初めは薩摩ふうの錦手(にしきで)、のちに精巧な磁器を制作。→真葛焼(まくずやき)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮川香山 みやがわ-こうざん

1842-1916 幕末-大正時代の陶芸家。
天保(てんぽう)13年1月6日生まれ。真葛長造(まくず-ちょうぞう)の4男。貿易商鈴木保兵衛(やすべえ)にまねかれ,明治4年横浜で真葛焼の窯をひらく。花瓶に精細な浮き彫り装飾をほどこし,海外で好評を博した。古陶磁の模造にも妙技をふるう。帝室技芸員。大正5年5月20日死去。75歳。京都出身。本名は虎之助。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮川香山

没年:大正5(1916)
生年:天保13(1842)
幕末明治期の真葛焼の陶工。9代茶碗屋長兵衛(真葛長造)の4男。京都生まれ。幼名は虎(寅)之助。万延1(1860)年,家業を継ぎ,煎茶器を作り,幕末には備前虫明窯などでも指導に当たる。明治4(1871)年,輸出用陶磁器の製造を目的として,新開地であった横浜で真葛焼を開窯。京焼風の色絵磁器,薩摩錦手,青磁,白磁,染付,黄釉,精密画,浮彫りなどさまざまな作風の焼物を作る。6年,ウィーン万国博覧会に出品,名誉金杯を受賞。以後「真葛焼」の名は国内外で高い評価を受け広く知れわたる。29年,七宝の並河靖之らと共に帝室技芸員となる。30年,横浜陶画協会を設立,31年発足当初の日本美術院正会員として参加するなど,工芸の枠にとどまらず,美術界の動きにも敏感に対応,時代の先駆者として活躍した。

(伊藤嘉章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の宮川香山の言及

【明治・大正時代美術】より

… 明治初年,すでに蒔絵の柴田是真や彫金の加納夏雄は,名工として世に知られていたが,大多数の工芸職人たちはこうした工芸振興策をあしがかりとして頭角を現していった。彫金の海野勝珉(うんのしようみん),布目(ぬのめ)象嵌の鹿島一布(かしまいつぷ)(1828‐1900),蒔絵の白山(しらやま)松哉,無線七宝の濤川(なみかわ)惣助,西陣織の伊達弥助(1844‐92),そして陶工の〈歳寒三友〉とたとえられた宮川香山(1842‐1916),竹本隼太(はやた)(1848‐92),3代清風与平(せいふうよへい)(1851‐1914)たちである。
[近代化への道]
 1907年官設の展覧会として文部省美術展覧会(文展)が開設された。…

※「宮川香山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮川香山の関連情報