コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板谷波山 いたや はざん

美術人名辞典の解説

板谷波山

陶芸家。茨城県生。名は嘉七。東美校卒。陶磁器担当の美術教師となったのを契機作陶を始める。磁・白磁青磁などに気品の高い名作を遺し、また新しい釉法を工夫、特に端正な器態と潤いのある穏やかな色調、薄手のレリーフ文様表現に独自の作風を示した。帝国美術院会員。帝室技芸員文化勲章受章。昭和38年(1963)歿、91才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いたや‐はざん【板谷波山】

[1872~1963]陶芸家。茨城の生まれ。名は嘉七。薄肉彫りの文様とうるおいのある彩磁で知られる。文化勲章受章。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

板谷波山【いたやはざん】

陶芸家。茨城県下館(現・筑西市)の出身。本名嘉七。東京美術学校彫刻科卒。1903年東京田端に開窯。作品は細密精巧で品位高く,特に青磁や薄彫の文様に色をさした彩磁は明治以後の最高峰といわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板谷波山 いたや-はざん

1872-1963 明治-昭和時代の陶芸家。
明治5年3月3日生まれ。31年石川県立工業学校の陶磁科担当となったのを契機に,独学で陶芸を研究。36年東京田端に窯をひらき,のち内外の展覧会に入賞。昭和4年帝国美術院会員。9年帝室技芸員。28年陶芸界ではじめて文化勲章を受章。昭和38年10月10日死去。91歳。茨城県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は嘉七。作品に「葆光彩磁(ほうこうさいじ)牡丹唐草花瓶」「彩磁禽果文花瓶」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いたやはざん【板谷波山】

1872‐1963(明治5‐昭和38)
陶芸家。茨城県下館に生まれる。本名嘉七。東京美術学校彫刻科卒業後,金沢の石川県立工業学校で彫刻を教えたが,のちに陶磁科を担当して陶芸の道に入る。1904年東京田端に築窯して自立,日本美術協会展などで受賞を重ね,27年帝展工芸部の創設に際して審査員に推される。29年帝国美術院会員,34年帝室技芸員を経て53年文化勲章を受章する。作風は端正で格調があり,とくに薄彫の文様に色をさした彩磁や,その上に半透明な釉をほどこした葆光(ほうこう)彩磁には定評がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いたやはざん【板谷波山】

1872~1963) 陶芸家。茨城県生まれ。本名、嘉七。東京田端に窯かまを築き作陶。艶消し釉うわぐすりと薄肉の彫刻模様に独自の作風を示す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

板谷波山
いたやはざん

[生]明治5(1872).3.3. 茨城,下館
[没]1963.10.10. 東京
陶芸家。 1894年東京美術学校彫刻科卒業。石川県工業学校,次いで東京高等工業学校に勤務しながら陶磁器の研究を重ね,1904年から東京田端に窯を築いて制作に専念した。端正な形態,精妙な絵付け,浮彫風の手法など,新感覚を生かしたきめの細かい格調ある作風を示す。大正初年にはマット釉を創案し,当時の陶界に多大な感化を与えた。帝国芸術院会員,帝室技芸員,東陶会会長となり,1953年文化勲章受章。主要作品『葆光釉 (ほこうゆう) 花枝文壺』 (1935) ,『彩磁瑞花鳳凰図花瓶』 (1927) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

板谷波山
いたやはざん
(1872―1963)

陶芸家。茨城県下館(しもだて)町(現筑西(ちくせい)市)に生まれる。本名は嘉七。初め彫刻家を志し、17歳のとき東京美術学校彫刻科に入学。卒業後赴任した石川県工業学校で陶磁科を担当したことから本格的に製陶を研究し始め、32歳のとき東京都北区田端(たばた)に窯をおこし、故郷の筑波山にちなんで波山と号した。彫刻科出身者らしく、成形から加飾まで全力を傾注して一作を仕上げていく完璧(かんぺき)主義を貫いた技巧派の巨匠で、また釉薬(ゆうやく)を中心とする加飾法の独創も早くから意図したところであった。作風が確立するのは40歳ごろからで、独自の葆光釉(ほうこうゆう)を開発し、完成度の高い器形や文様を夢幻的調べで包むという未曽有(みぞう)の美的世界をつくりあげた。1953年(昭和28)81歳で陶芸家としては初の文化勲章を受けた。[矢部良明]
『林屋晴三編集・解説『現代日本陶芸全集1 板谷波山』(1980・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

板谷波山の関連キーワード佐野市立吉澤記念美術館井上 良斎(3代目)茨城県近代美術館茨城県陶芸美術館茨城県筑西市甲しもだて美術館板谷波山記念館安原 喜明中村 翠恒下島 空谷板谷 まる宮之原 謙海老澤佳奈中川 千咲浜田庄司安原喜明板谷まる宮之原謙昭和時代辻清明

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

板谷波山の関連情報