コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮川長亀 みやがわ ちょうき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮川長亀 みやがわ-ちょうき

?-? 江戸時代中期の浮世絵師。
宮川長春の高弟。享保(きょうほう)-寛保(かんぽう)(1716-44)のころに作画。師とおなじく肉筆画のみで,「遊女聞香図」などの遊里風俗図がおおい。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宮川長亀

生年:生没年不詳
江戸中期の江戸の浮世絵師。宮川長春の高弟で,享保(1716~36)から寛保(1741~44)ごろにかけて肉筆浮世絵を専ら描いた。遊里風俗図を中心に,長春様式を踏襲した作品を残している。彩色は丁寧で細密である。

(浅野秀剛)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

宮川長亀の関連キーワード宮川一笑宮川派

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android