宮川長亀(読み)みやがわ ちょうき

朝日日本歴史人物事典の解説

宮川長亀

生年:生没年不詳
江戸中期の江戸の浮世絵師宮川長春の高弟で,享保(1716~36)から寛保(1741~44)ごろにかけて肉筆浮世絵を専ら描いた。遊里風俗図を中心に,長春様式を踏襲した作品を残している。彩色は丁寧で細密である。

(浅野秀剛)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android