家はただ四壁のみ(読み)いえはただしへきのみ

故事成語を知る辞典の解説

非常に貧しい生活のたとえ。

[由来] 「漢書しょうじょ伝・上」に見える話から。紀元前二世紀、前漢王朝の時代の中国でのこと。司馬相如という男性が、たくぶんくんという財産家の娘と恋仲になり、駆け落ちをしました。しかし、二人の暮らしはとても貧しく、「家はだ四立つのみ(家にはただ四方の壁があるだけで、ほかには何もない)」という状態。それを知った妻の父親はとても嘆きましたが、後に司馬相如は、前漢王朝を代表する文人となったのでした。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android