家田荘子(読み)いえだ しょうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「家田荘子」の解説

家田荘子 いえだ-しょうこ

昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。
昭和60年「極道の妻たち」,61年「代議士の妻たち」を「週刊文春」に連載し,評判をよぶ。平成3年エイズ患者とすごした1年間の記録私を抱いてそしてキスして」で大宅壮一ノンフィクション賞。愛知県出身。日大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android