代議士(読み)だいぎし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (representative の訳語) 国民の公選によって衆議院に出て、国民を代表して国政を議する人。参議院議員も国民の公選により国民を代表するが、旧制の貴族院議員に代わるものであるところから、特に衆議院議員だけをさして用いることが多い。
※立憲政体略(1868)〈加藤弘之〉上下同治「又下院は各国皆庶民の代議士を以て之に充つ」
[語誌]明治初期から使われていたが、当時は定まった呼称ではなく、「明六雑誌」では「代議者」「代議人」、また「草莽雑誌」では「代議員」と記されている。明治中期以後、「代議士」に統一された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の代議士の言及

【国会議員】より

…日本で,全国的レベルでの政治的課題に関する立法的機能の遂行,国家予算の審議・議決,中央政府の監督・批判を任務とする全国的議会としての国会の構成メンバーをいい,衆議院議員と参議院議員を含む。衆議院議員は代議士とも呼ばれる。ともに国民の直接選挙で選ばれる。…

※「代議士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android