コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評判 ヒョウバン

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐ばん〔ヒヤウ‐〕【評判】

[名・形動](スル)
世間の人が批評して是非を判定すること。また、その判定。「評判の高い作品」「評判を落とす」
世間でうわさをすること。また、そのうわさ。「評判が立つ」「人々がさまざまに評判する事件」
世間の関心の的になっていること。名高いこと。また、そのさま。「今年評判になった映画」「評判な(の)働き者

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうばん【評判】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
世間でのうわさ。 「 -がいい」 「 -が立つ」 「 -を気にする」
世間にとりざたされていて、名高い・こと(さま)。 「 -の孝行娘」 「 -になる」 「今、最も-の本」 「此若い者ども見しれる人ありて-するを聞ば/胸算用 3
批評して判定すること。 「是武士の道にあらず-に及ばぬところなり/浮世草子・新可笑記 4

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

評判の関連キーワードポピュラリティーレピュテーション看板に傷がつく口の端に掛ける世に聞こえる不評を買う男を売る評判倒れ名が立つ余所聞き名を盗む世の覚え当り狂言仲間受け当り役名望家客受け前景気不評判前評判

評判の関連情報