宿世拙し(読み)スクセツタナシ

デジタル大辞泉の解説

宿世(すくせ)拙(つたな)・し

宿縁がよくない。ふしあわせな運に生まれついている。
「かかる君につかうまつらで、―・く悲しきこと」〈伊勢・六五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すくせつたなし【宿世拙し】

宿縁がよくない。 「 - ・くかなしきこと、この男にほだされて/伊勢 65

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すくせ【宿世】 拙(つたな)

宿縁が劣っている。宿世がよくない。薄命に生まれついている。
※伊勢物語(10C前)六五「かかる君につかうまつらで、すくせつたなくかなしきこと、このおとこにほだされて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android