コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富安陽子 とみやす ようこ

1件 の用語解説(富安陽子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富安陽子 とみやす-ようこ

1959- 昭和後期-平成時代の児童文学者。
昭和34年2月15日生まれ。昭和59年「クツなんていらない」を刊行。平成3年「クヌギ林のザワザワ荘」で日本児童文学者協会新人賞,小学館文学賞。9年,シリーズ小さなスズナ姫」で新美南吉児童文学賞。13年「空へつづく神話」で産経児童出版文化賞。23年梅花女子大心理こども学部こども学科教員となる。同年「盆まねき」で野間児童文芸賞。東京都出身。和光大卒。著作はほかにシリーズ「ムジナ探偵局」,シリーズ「菜の子先生」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

富安陽子の関連キーワード古田足日安房直子上野瞭加藤多一神宮輝夫関英雄那須田淳西本鶏介浜野卓也山下明生

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富安陽子の関連情報