コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野間児童文芸賞 ノマジドウブンゲイショウ

デジタル大辞泉の解説

のま‐じどうぶんげいしょう〔‐ジドウブンゲイシヤウ〕【野間児童文芸賞】

文学賞の一。毎年1回、すぐれた児童向け作品に贈られる。昭和38年(1963)創設で、第1回受賞作は石森延男の「バンのみやげ話」。→野間文芸賞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

野間児童文芸賞

優れた児童文学に向けて贈られる賞。1963年創設。 過去に、詩人で絵本作家の谷川俊太郎さんや、「魔女の宅急便」原作者の角野栄子さん、「バッテリー」シリーズで知られるあさのあつこさんらが受賞している。

(2015-12-03 朝日新聞 朝刊 三重全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

野間児童文芸賞の関連キーワードきのうの夜、おとうさんがおそく帰った、そのわけは……パパさんの庭 洋平のバンクーバー日記かりんちゃんと十五人のおひなさまにげだした兵隊 原一平の戦争おっこちゃんとタンタンうさぎまねやのオイラ 旅ねこ道中野心あらためず 日高見国伝ぎりぎりトライアングルかわいそうな自動車の話トラジイちゃんの冒険おばあさんのひこうき世界の果ての魔女学校いないいないばあやわたしの、好きな人月神の統べる森でママの黄色い子象山のおんごく物語てんぷらぴりぴり小さなぼくの家遠い野ばらの村

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野間児童文芸賞の関連情報