富山ブラックラーメン

デジタル大辞泉プラス「富山ブラックラーメン」の解説

富山ブラックラーメン

富山県富山市発祥のご当地ラーメン。醤油が濃く、荒挽きコショウをたっぷりと入れた濃い味つけが特徴。戦後まもない1947年に、市内のラーメン店「大喜」が肉体労働者の塩分補給を考慮して考案したものが始まりとされる。「富山ブラック」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android