寒中見舞い(読み)カンチュウミマイ

デジタル大辞泉の解説

かんちゅう‐みまい〔‐みまひ〕【寒中見舞い】

寒の入り(1月5、6日ころ)から寒明け(2月4日ころ)までの約30日間に葉書などを出して相手を見舞うこと。喪中などで年賀状を出さなかった人に対する挨拶状としても用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんちゅうみまい【寒中見舞い】

(手紙などで)寒中、知人の安否を見舞うこと。寒の入りから立春までのものとされる。寒見舞い。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寒中見舞いの関連情報