コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒松寺石造菩薩坐像 かんしょうじせきぞうぼさつざぞう Hansong-sa sǒkcho posal chwasang

1件 の用語解説(寒松寺石造菩薩坐像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒松寺石造菩薩坐像
かんしょうじせきぞうぼさつざぞう
Hansong-sa sǒkcho posal chwasang

韓国,ソウルの国立中央博物館所蔵の大理石製の華麗な菩薩像。中国宋代彫刻の流れをくみ,国宝指定の唯一の高麗石仏。もとは江原道江陵寒松寺址にあったが,第2次世界大戦前に日本へ渡り,日韓条約の締結に伴い返還された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寒松寺石造菩薩坐像の関連キーワード国立博物館要塞化大理石彫像用大理石千葉県立中央博物館 大利根分館千葉県立中央博物館千葉県立中央博物館 大多喜城分館千葉県立中央博物館分館 海の博物館千葉県勝浦市吉尾新羅三彩ラホール中央博物館

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone