寝鳥を刺す(読み)ネトリヲサス

デジタル大辞泉の解説

寝鳥(ねとり)を刺・す

寝ている鳥をとりもちで捕る。無抵抗のものを捕らえる。たやすいこと、無慈悲なことなどのたとえ。寝鳥を射る。
「義貞が首ねぢ切らんは―・すよりいと安し」〈浄・女楠〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねとりをさす【寝鳥を刺す】

ねぐらで寝ている鳥を捕らえる。無慈悲なこと。また、たやすいことのたとえ。 「うはべはぬつぺり取り持ち顔、寝鳥ささんと底工だくみ/浄瑠璃・千本桜」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android