コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝鳥 ネトリ

デジタル大辞泉の解説

ね‐とり【寝鳥】

ねぐらで寝ている鳥。ねぐら鳥。
《「音取(ねとり)」から》歌舞伎下座音楽の一。幽霊・妖怪・人魂(ひとだま)などの出現の際に大太鼓のどろどろにかぶせて寂しく、不気味に吹く能管寝鳥の笛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねとり【寝鳥】

ねぐらに寝ている鳥。ねぐら鳥。 「くれたけのそよぐに-さわぎて/浮世草子・五人女 5
寝鳥の笛ふえ」に同じ。
[句項目] 寝鳥を刺す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の寝鳥の言及

【歌舞伎】より

…〈(さざなみ)〉〈大波〉などの種類がある。 寝鳥(ねとり)大太鼓の〈ドロドロ〉に吹き合わせて凄みや寂しさを強調する,能管による囃子。〈寝鳥合方〉に打ち合わせることが多い。…

【音取】より

… 歌舞伎囃子にも能管に同名の旋律がある。ただし,この場合は〈寝鳥〉と書く。ポルタメントで山型に上下行するもので,多くは大太鼓のドロドロといっしょに,幽霊や妖怪の登場する場面に用いられる。…

※「寝鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寝鳥の関連キーワード寝鳥を刺す音取刺す

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android