危害(読み)きがい

精選版 日本国語大辞典 「危害」の意味・読み・例文・類語

き‐がい【危害】

〘名〙 生命身体物品などをそこなうような危険なこと。危難禍害
※横浜新誌(1877)〈川井景一〉小学校教師も亦共に出でて危害の遊戯を制す」
上海(1928‐31)〈横光利一〉八「あなたが危害を加へられた場合のことを仰言るのだらうと思ひますが」 〔荀子栄辱

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「危害」の意味・読み・例文・類語

き‐がい【危害】

身体・生命・物品を損なうような危険なこと。「人体危害を及ぼす」「危害を加える」
[類語]有害害悪害毒被害

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「危害」の読み・字形・画数・意味

【危害】きがい

危険で身をそこなう。〔韓非子、奸劫弑臣〕人焉(いづく)んぞ能く安利のを去りて、の處に就かんや。

字通「危」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android