コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寧辺 ねいへんYŏngbyŏn

世界大百科事典 第2版の解説

ねいへん【寧辺 Yŏngbyŏn】

朝鮮民主主義人民共和国,平安北道南部の内陸にある。郡の南界を西流する清川江と,郡中央を貫流する九竜江が涵養(かんよう)した広い平野に位置し,米,トウモロコシなどの農業地帯となっている。中心地の寧辺邑は山岳地帯と海岸平野の中間点にあたる軍事上の要衝として発達し,古代には城郭に囲まれた軍営が築かれたところで,今日も鉄甕城と呼ばれる城壁が残り,市街の西にある薬山東台は関西八景の一つ。1980年代に原子力発電関連の実験施設が建設され,90年代には核開発の疑惑によって国際的に注目された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

寧辺の関連キーワード朝鮮半島エネルギー開発機構朝鮮民主主義人民共和国シリアの核開発疑惑北朝鮮の核兵器製造北朝鮮核開発疑惑6カ国協議の合意米韓合同軍事演習北朝鮮の非核化6者協議の合意日朝平壌宣言六か国協議細竹里遺跡六者協議KEDO試料採取テポドン吉屋 潤日中戦争6者協議ノドン

寧辺の関連情報