寺から里(読み)てらからさと

精選版 日本国語大辞典「寺から里」の解説

てら【寺】 から 里(さと)

(檀家からへ物を贈るのがふつうであるのに、寺から檀家へ物を贈るから) 物事があべこべであることのたとえ。本末顛倒。山から里。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
浮世草子・新色五巻書(1698)四「寺(テラ)から(サト)のお心遣、私のくむはづなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android