檀家(読み)だんか

世界大百科事典 第2版の解説

だんか【檀家】

特定の寺院と永続的に葬祭関係を結び,布施を行ってその寺院の護持にあたる家。寺僧を供養するという意味のサンスクリットのダーナパティdānapatiの音写である檀那檀越(だんおつ)に語源をもつ。これらが個人的な師檀の関係であるのに対して,家として関係を結ぶものを檀家と呼んで区別する。公家武家が家の菩提寺をもったことに始まり,近世初頭に小家族形態の近世的な〈家〉が広範に成立すると,それらの集合菩提寺が生まれ,両者の関係が永続的に固定化して,檀家が一般的に成立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だんか【檀家】

〔「だんけ」とも〕
ある寺の信徒となり、布施などの経済的援助を持続して行い、葬式・法事などを行なってもらう家。また、その家の人。檀方。

だんけ【檀家】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

檀家
だんか

特定寺院に永続的に葬祭を依頼し、布施(ふせ)を行ってその寺院を護持する家。古代インド語ダーナパティーdnapati(寺僧を供養(くよう)する施主(せしゅ)という意味)の音写の檀那(だんな)・檀越(だんおつ)に語源をもつ。これらが個人的な師檀の関係であるのに対して、特定の家と寺の関係となったものを檀家とよび、檀家の人々を檀徒という。
 公家(くげ)・武家が特定の菩提(ぼだい)寺(檀那寺)をもったのに始まり、近世初頭に小家族形態の民衆の家が広範に成立すると、その集合菩提寺として檀那寺が生まれ、両者の関係が永続化・固定化して檀家が一般的に成立した。こうした状況を前提に、江戸幕府がキリシタン禁制の実施のため、寺僧をして民衆が檀家であることを証明させる寺請制(てらうけせい)を始めると、すべての人々がいずれかの寺の檀家とされることになった。このような寺請制を伴った制度としての檀家は、明治維新とともに廃止されたが、寺と家の関係としての檀家は、仏教教団の基礎構造であったから、現代に至るまで存続している。
 その本質は、家の連続性を維持する祖先崇拝にある。そのためには、家族全員が同一寺院に所属することが必要であるが、このような丸檀家に対し、家族のうちに檀那寺を異にするものが含まれ、それが家族内で継承されていく半檀家・複檀家とよばれるものがある。それを丸檀家以前の遺制とみるかどうかについては、異論があり問題を残している。現代においては、父母双方の系譜を重視する双系的家観念がしだいに形成され、新しい半檀家形態が出現しつつある。[大桑 斉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

だん‐か【檀家】

〘名〙
① 一定の寺に墓地を持ち、布施などによってその寺を援助する家。檀越(だんおつ)。檀那。だんけ。〔文明本節用集(室町中)〕
※随筆・癇癖談(1791か)上「物くるる檀家へは、さもしげなる重のうちたえず」
② 伊勢神宮などの御師(おし)が祓札などを配る諸国の家々。
※毎事問(1714)上「是(これ)は宇治の御師は檀家少く、山田は多き故に、日本国の人に御師を必ず二人持すべしとの巧ある故なり」
[語誌](1)室町中頃まで施主、檀家の意では、まず「檀越(だにおち・だんおち・だんおつ)」続いて「檀那」が一般的であった。
(2)これらの語は、元来仏教の支援者一般を意味したが、時代が下るにつれて寺院と信徒の関係が固定化し、特定寺院(檀那寺)の支援者(檀那)のみをいうようになった。特に、江戸時代以降は特定の寺に帰属することが義務付けられ、これが家単位で行なわれた。しかし当時「檀那」は施しをする者の意味から、賃金を払う人間(主人)を指す一般的なことばになっており、仏教語としての本来の意味が空白化していた。それを埋めるべく登場したのが「檀家(だんか)」「檀方(だんかた)」である。

だん‐け【檀家】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の檀家の言及

【家筋】より

…この点において日本の家族はその構造類型に対応するさまざまな家筋のあり方を示している。 家筋の多様性を複檀家制(半檀家制),位牌祭祀,祖名継承法を例として示してみよう。複檀家制とは一つの家族が複数の檀那寺をもつ制度であり,現在では主として千葉県,神奈川県,茨城県など東日本の村落に多くみられる。…

【近世社会】より

…これは人口調査と合体して宗門人別改の制度となる。これによってすべての人々はいずれかの寺の檀家となることになる。戦国期までは地侍衆までが寺をもち,あるいは持仏堂をもつにすぎなかったものが,全国民が寺の檀家である状態が出現する。…

【寺檀制度】より

…檀家制度ともいう。永続的な葬祭の関係を結んだ檀那寺(手次寺)と檀家の結合をもとに,江戸幕府が民衆統制,宗教統制に利用した戸籍制度。…

【寺請制度】より

…江戸時代に行われた宗門改めにおいて,禁制された宗派であるキリシタンや日蓮宗不受不施派などの信徒でないことを,檀那寺が証明する制度。江戸初期からみられるが,それらは特定の必要に応じて臨時に寺僧が檀家たることを証明する寺手形様式のものが多かった。たとえば若狭小浜藩の,1635年(寛永12)の五人組の連判手形に〈頼候寺かた〉(檀那寺)に請印をさせるような,宗門人別改帳の先駆様式があらわれてくる。…

【仏教】より

…幕府は毎年,キリシタン宗門改を人別に実施し,このとき各人から寺請(てらうけ)証文を提出させた。寺請証文は檀那寺の僧が檀家各人について,当人が自分の寺の檀家であってキリシタンでないことを書いた証文である。人別の寺請による宗門改が全国に実施されたとき,近世の民衆はいや応なく檀那寺をもたねばならなかった。…

※「檀家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

檀家の関連情報