コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺師次右衛門 てらし じえもん

1件 の用語解説(寺師次右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺師次右衛門 てらし-じえもん

?-? 江戸時代後期の武士。
薩摩(さつま)鹿児島藩士。天文,暦学,測量術をまなび,和漢洋の造船・航海技術を研究して「渙象論」「造船彙稿(いこう)」などの著作をのこす。また文政5年(1822)ごろ日本ではじめての洋式帆船伊呂波丸を建造した。名は正容。号は渙象堂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone