コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊如 そんにょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊如 そんにょ

?-? 鎌倉時代の尼僧。
律宗。西大寺叡尊(えいそん)の弟子の尼衆として母円性(えんしょう)尼とともに法華寺にはいる。のち京都東山の東林寺住持となった。字(あざな)は日円房。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尊如

生年:生没年不詳
鎌倉時代律宗の尼。京都東山東林寺長老。字は日円房。東大寺学侶の家の出自である母円性が,在俗時に生んだ娘。西大寺叡尊弟子の尼衆として,幼少にして母と共に法華寺に出家した。のち西大寺末寺の尼寺,洛東東林寺の住持となった。<参考文献>細川涼一『女の中世』

(細川涼一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

尊如の関連キーワード石山寺縁起絵巻聖衆来迎寺石山寺縁起本田善光石山寺継松寺観心寺霊鑑寺如来教六角堂前立仏円教寺円照寺尼僧岡寺如円安尊尊祐

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android