コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊如 そんにょ

2件 の用語解説(尊如の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊如 そんにょ

?-? 鎌倉時代の尼僧。
律宗。西大寺叡尊(えいそん)の弟子の尼衆として母円性(えんしょう)尼とともに法華寺にはいる。のち京都東山の東林寺住持となった。字(あざな)は日円房。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尊如

生年:生没年不詳
鎌倉時代の律宗の尼。京都東山東林寺長老。字は日円房。東大寺学侶の家の出自である母円性が,在俗時に生んだ娘。西大寺叡尊弟子の尼衆として,幼少にして母と共に法華寺に出家した。のち西大寺末寺の尼寺,洛東東林寺の住持となった。<参考文献>細川涼一『女の中世』

(細川涼一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尊如の関連キーワード真言律宗慈善浄業大悲菩薩禅林寺殿愚直師侃順忍如円如来尼万宗

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尊如の関連情報