コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華寺 ほっけじ

7件 の用語解説(法華寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法華寺
ほっけじ

奈良市法華寺町にある真言律宗の寺。氷室御所ともいわれ,また法華滅罪之寺ともいう。光明皇后が父藤原不比等の旧宅を改めて総国分尼寺として,悲田院施薬院を建てたことに始る。本堂は桃山建築であるが,国宝『十一面観音立像』は藤原期の傑作で,問答師の作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほっけ‐じ【法華寺】

奈良市にある真言律宗の尼寺。天平年間(729~749)光明皇后が父藤原不比等の邸宅を寺として、総国分寺東大寺に対し、総国分尼寺として開いたもの。本堂は慶長6年(1601)豊臣秀頼の再建。本尊十一面観音立像は平安初期の作で国宝。法華滅罪之寺。氷室(ひむろ)御所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

法華寺【ほっけじ】

奈良市法華寺町にある真言律宗の寺。比丘尼(びくに)御所,氷室御所とも。国分尼寺の一つで,光明皇后の創立,法華滅罪寺と称した。本堂の本尊十一面観音立像(国宝)はヒノキの一木造で,平安初期の傑作。
→関連項目国分寺(歴史)十一面観音南都七大寺

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

法華寺

奈良県奈良市にある寺院。創建は745年。宗派は光明宗、本尊は十一面観音。藤原不比等邸宅跡に建てられた総国分尼寺が基。豊臣秀頼と淀君が再建した本堂は国の重要文化財。庭園は国の名勝、旧境内は国の史跡に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ほっけじ【法華寺】

奈良市にある真言律宗の門跡尼寺。正しくは法華滅罪之寺といい,氷室御所ともいう。藤原不比等の旧宅があった平城左京一条三坊の地に,光明皇后の皇后宮が設けられ,745年(天平17)宮寺(みやでら)に改められたのが法華寺の始めと考えられ,大和国国分尼寺(国分寺)として漸次整備された。天平19年(747)1月の《正倉院文書》に法華寺の寺名が初見する。758年(天平宝字2)6月ころから光明皇后は当寺の南西の地に一院の建立を計画したが,760年に死去したため,計画を変更して皇后の冥福を祈るための阿弥陀浄土院が建立された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほっけじ【法華寺】

奈良市にある真言律宗の尼寺。天平年間(729~749)光明皇后が父藤原不比等の邸宅跡に総国分尼寺として開く。鎌倉時代に西大寺の叡尊が再興。現在の本堂は慶長年間(1596~1615)に豊臣秀頼の再建したもの。本尊十一面観世音立像は平安初期の作。法華滅罪之寺。氷室御所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法華寺
ほっけじ

奈良市法華寺町にある真言律宗の尼寺。古くは法華滅罪之寺(めつざいのてら)といい、また氷室(ひむろ)御所、比丘尼(びくに)御所などと称した。一説に、東大寺を総国分寺として女人の参拝を禁じたため、光明(こうみょう)皇后が父の藤原不比等(ふひと)の宅を移建して十一面観音(かんのん)を安置し、これを男子不入の国分尼寺としたという。のちに衰微したが、鎌倉時代に西大寺の叡尊(えいぞん)が再興、その影響により西大寺の末寺となった。その後、ふたたび衰微して阿(あしゅく)寺と称し、かつて光明皇后がこの寺に付属して設けた湯屋に至っては、まったく荒廃するに至った。1601年(慶長6)豊臣秀頼(とよとみひでより)母子により再建をみ、比丘尼御所として、近衛(このえ)家の息女が住持することとなり、現在の久我(こが)門跡に至っている。現在の本堂(国の重要文化財)は秀頼再建の建築。本尊の十一面観音木彫像(国宝)は平安初期の名作として名高く、光明皇后御影とされる。また維摩居士坐像(ゆいまこじざぞう)(国重文)、絹本着色阿弥陀(あみだ)三尊および童子画像(国宝)なども著名である。[石田瑞麿]
『『古寺巡礼 奈良3 法華寺』(1979・淡交社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の法華寺の言及

【国分寺】より

…奈良・平安時代に諸国に置いた官寺。僧寺を金光明(こんこうみよう)四天王護国之寺(金光明寺),尼寺(国分尼寺)を法華滅罪之寺(法華寺)と呼び,合わせて国分二寺という。 国分寺制は,7世紀末より促進されてきた護国経典の読誦によって国家の安寧を祈る仏教政策の総仕上げであり,中央の大寺で展開した国家仏教の画一的な地方伸展の意義をもつが,直接的には律令体制の根幹をゆるがす疫病,飢饉,反乱などの災いを,《金光明最勝王経(最勝王経)》の鎮護国家の思想で消除しようと図ったものである。…

※「法華寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

法華寺の関連キーワード元興寺白毫寺放生院奈良県生駒市上町奈良県奈良市西大寺芝町奈良県奈良市中院町奈良県奈良市般若寺町奈良県奈良市白毫寺町奈良県奈良市福智院町奈良県奈良市法蓮町

法華寺の関連情報