尋常茶飯(読み)じんじょうさはん

精選版 日本国語大辞典「尋常茶飯」の解説

じんじょう‐さはん ジンジャウ‥【尋常茶飯】

〘名〙 (形動) (とりたてた味のない、めずらしくない毎日のの意から) ごくあたりまえで、少しも珍しくないこと。また、そのさま。日常茶飯
苦悶の象徴(1921)〈厨川白村〉一「尋常茶飯の小事件を、夢の中では天下国家の大事の如くに取扱ひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「尋常茶飯」の解説

じんじょう‐さはん〔ジンジヤウ‐〕【尋常茶飯】

[名・形動]《ふだん、飲み食いしている物の意から》少しも珍しくないこと。また、そのさま。ありきたり。日常茶飯。「尋常茶飯な(の)出来事

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android