コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厨川白村 くりやがわはくそん

6件 の用語解説(厨川白村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厨川白村
くりやがわはくそん

[生]1880.11.19. 京都
[没]1923.9.2. 鎌倉
英文学者,評論家。本名,辰夫。 1904年東京大学英文科卒業。第五,第三高等学校教授を経て,16年京都大学助教授。文学博士。西欧近代の文芸思潮を体系的に紹介,解説した『近代文学十講』 (1912) で認められ,『近代の恋愛観』 (21) で新しい恋愛を主張,有島武郎と人気を二分したが,関東大震災で不慮の死をとげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くりやがわ‐はくそん〔くりやがは‐〕【厨川白村】

[1880~1923]英文学者・評論家。京大教授。京都の生まれ。本名、辰夫。「近代文学十講」で、西欧の近代文学思潮を体系的に解説。他に「象牙の塔を出て」「近代の恋愛観」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

厨川白村【くりやがわはくそん】

評論家,英文学者。本名辰夫。京都生れ。東大英文科卒,小泉八雲の教えを受けた。京大教授。《近代文学十講》で欧米近代文学を体系的に紹介,文明・社会批評にも活躍。大正期の評壇の花形となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

厨川白村 くりやがわ-はくそん

1880-1923 明治-大正時代の英文学者,評論家。
明治13年11月19日生まれ。小泉八雲(やくも),夏目漱石(そうせき),上田敏(びん)らにまなぶ。五高,三高の教授をへて京都帝大教授。著作の「近代文学十講」(明治45年)や「近代の恋愛観」(大正11年)は,青年におおきな影響をあたえた。大正12年9月2日関東大震災の津波により鎌倉で死去。44歳。京都出身。東京帝大卒。本名は辰夫。
【格言など】「永遠の都城」は羅馬(ローマ)ではなく恋である(「近代の恋愛観」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

厨川白村

没年:大正12.9.2(1923)
生年:明治13.11.19(1880)
明治大正期の評論家,英文学者。本名辰夫。京都の生まれ。明治37(1904)年,東京帝大英文科を首席で卒業。夏目漱石の『虞美人草』の小野のモデルといわれたのも,うなずける。五高,三高,京都帝大の教授を歴任,多くの若手を育てた。小泉八雲や上田敏の影響を受け,『近代文学十講』(1912)を出すが,西欧近代の文芸思潮を簡明に描き,多くの読者を得た。大正4(1915)年,火傷で左足を切断するが,次第に文明批評に転じ,芸術と社会の関係に注意する視点をバネに,『象牙の塔を出て』(1920),『近代の恋愛観』(1922)などの代表作を得た。やや感傷的ながら,その博識を口あたりよく論述する文章は,いかにも大正の若者の心をとらえるにふさわしい。哲学風の大正教養主義の人々ともやや違ったところで,時代にマッチしていたのだろう。かつて出ていた文庫本も今はなく,忘れられた存在となっているのは惜しい。<著作>『厨川白村全集』全6巻

(中島国彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厨川白村
くりやがわはくそん
(1880―1923)

英文学者、文芸批評家。津山藩士厨川磊三(らいぞう)の子として京都に生まれる。本名辰夫。東京帝国大学英文科に進み、小泉八雲(やくも)、夏目漱石(そうせき)、上田敏(びん)に学び、1904年(明治37)卒業。五高、三高教授を歴任。16年(大正5)アメリカ留学中に京大助教授となる。帰国後、文学博士となり、英文学研究と欧米文芸の紹介と西欧の近代文芸思潮を解説した『近代文学十講』(1912)、文芸と社会を結び付ける主張の『象牙(ぞうげ)の塔を出て』(1920)、自由恋愛を謳歌(おうか)する『近代の恋愛観』(1921)などの著作で活躍するが、関東大震災の津波にさらわれたのが原因で鎌倉にて死亡する。[富田 仁]
『『近代文学研究叢書22』(1964・昭和女子大学)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の厨川白村の言及

【ブラウニング】より

…詩人のいまひとつの特質といえよう。大正時代の青年層に広く歓迎された厨川(くりやがわ)白村《近代の恋愛観》(1922)もこの影響である。妻の死後,イギリスに帰り《劇的人物》(1864),《指輪と本》(1868‐69)を出して最高の詩的円熟を示した。…

※「厨川白村」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

厨川白村の関連キーワード本間久雄廚川白村片上伸中沢臨川評論家大井広介関如来高山毅宮島新三郎《明治大正文学全集》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

厨川白村の関連情報