コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厨川白村 くりやがわはくそん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厨川白村
くりやがわはくそん

[生]1880.11.19. 京都
[没]1923.9.2. 鎌倉
英文学者,評論家。本名,辰夫。 1904年東京大学英文科卒業。第五,第三高等学校教授を経て,16年京都大学助教授。文学博士。西欧近代の文芸思潮を体系的に紹介,解説した『近代文学十講』 (1912) で認められ,『近代の恋愛観』 (21) で新しい恋愛を主張,有島武郎と人気を二分したが,関東大震災で不慮の死をとげた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

厨川白村【くりやがわはくそん】

評論家,英文学者。本名辰夫。京都生れ。東大英文科卒,小泉八雲の教えを受けた。京大教授。《近代文学十講》で欧米近代文学を体系的に紹介,文明・社会批評にも活躍。大正期の評壇の花形となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

厨川白村 くりやがわ-はくそん

1880-1923 明治-大正時代の英文学者,評論家。
明治13年11月19日生まれ。小泉八雲(やくも),夏目漱石(そうせき),上田敏(びん)らにまなぶ。五高,三高の教授をへて京都帝大教授。著作の「近代文学十講」(明治45年)や「近代の恋愛観」(大正11年)は,青年におおきな影響をあたえた。大正12年9月2日関東大震災の津波により鎌倉で死去。44歳。京都出身。東京帝大卒。本名は辰夫。
【格言など】「永遠の都城」は羅馬(ローマ)ではなく恋である(「近代の恋愛観」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

厨川白村

没年:大正12.9.2(1923)
生年:明治13.11.19(1880)
明治大正期の評論家,英文学者。本名辰夫。京都の生まれ。明治37(1904)年,東京帝大英文科を首席で卒業。夏目漱石の『虞美人草』の小野のモデルといわれたのも,うなずける。五高,三高,京都帝大の教授を歴任,多くの若手を育てた。小泉八雲や上田敏の影響を受け,『近代文学十講』(1912)を出すが,西欧近代の文芸思潮を簡明に描き,多くの読者を得た。大正4(1915)年,火傷で左足を切断するが,次第に文明批評に転じ,芸術と社会の関係に注意する視点をバネに,『象牙の塔を出て』(1920),『近代の恋愛観』(1922)などの代表作を得た。やや感傷的ながら,その博識を口あたりよく論述する文章は,いかにも大正の若者の心をとらえるにふさわしい。哲学風の大正教養主義の人々ともやや違ったところで,時代にマッチしていたのだろう。かつて出ていた文庫本も今はなく,忘れられた存在となっているのは惜しい。<著作>『厨川白村全集』全6巻

(中島国彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厨川白村
くりやがわはくそん
(1880―1923)

英文学者、文芸批評家。津山藩士厨川磊三(らいぞう)の子として京都に生まれる。本名辰夫。東京帝国大学英文科に進み、小泉八雲(やくも)、夏目漱石(そうせき)、上田敏(びん)に学び、1904年(明治37)卒業。五高、三高教授を歴任。16年(大正5)アメリカ留学中に京大助教授となる。帰国後、文学博士となり、英文学研究と欧米文芸の紹介と西欧の近代文芸思潮を解説した『近代文学十講』(1912)、文芸と社会を結び付ける主張の『象牙(ぞうげ)の塔を出て』(1920)、自由恋愛を謳歌(おうか)する『近代の恋愛観』(1921)などの著作で活躍するが、関東大震災の津波にさらわれたのが原因で鎌倉にて死亡する。[富田 仁]
『『近代文学研究叢書22』(1964・昭和女子大学)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の厨川白村の言及

【ブラウニング】より

…詩人のいまひとつの特質といえよう。大正時代の青年層に広く歓迎された厨川(くりやがわ)白村《近代の恋愛観》(1922)もこの影響である。妻の死後,イギリスに帰り《劇的人物》(1864),《指輪と本》(1868‐69)を出して最高の詩的円熟を示した。…

※「厨川白村」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

厨川白村の関連キーワード11月19日厨川 白村帝国文学胡風批判矢野峰人厨川文夫魯迅

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android