コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小さい花 ちいさいはなFioretti di San Francesco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小さい花
ちいさいはな
Fioretti di San Francesco

中部イタリア,アッシジの聖者フランシスコ (1182~1226) の行跡とその弟子たちの清廉な日常生活の記録。正確な原題は,"Fioretti del glovioso messere Santo Francesco e dé suoi frati"。 14世紀に最も普及し,今日も信者たちに読み継がれている。元来は,モンテジオルジオのウゴリニ・ボニスカンビがラテン語で書いた"Actus Beati Francisci et Sociorum eius" (『幸いなるフランシスコとその伴侶たちの行跡』) として世に出たが,現在流布されているイタリア語版は 14世紀後半に無名のトスカナ人によって訳出された。俗語表現による最も早い抒情詩でもあり,イタリア詩文学の源流となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

小さい花の関連キーワードショウジョウソウ(猩々草)ウラジロエノキ(裏白榎)カワラマツバ(河原松葉)マイヅルソウ(舞鶴草)ハマボウフウ(浜防風)ヤマウコギ(山五加木)ゲッケイジュ(月桂樹)ヤブコウジ(藪柑子)ヒキオコシ(引起)オオバヨツバムグラアオギリ(青桐)シラー(ユリ科)茅・茅萱・白茅シュロ(棕櫚)ガンビールノキビロウ(蒲葵)チャルメルソウネナシカズラカノツメソウドクニンジン

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小さい花の関連情報