コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉庵長次郎 おぐらあん ちょうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小倉庵長次郎 おぐらあん-ちょうじろう

?-? 幕末の盗人。
歌川広重の浮世絵「小梅小倉庵」にえがかれた江戸屈指の料理屋の長男。店に出入りする幕臣青木弥太郎にそそのかされ,御用金強盗をはたらく。慶応元年(1865)捕らえられ,明治元年ゆるされたがまもなく死去した。江戸出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小倉庵長次郎の関連キーワード歌川広重(初代)幕末盗人

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android