コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

料理屋 リョウリヤ

3件 の用語解説(料理屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りょうり‐や〔レウリ‐〕【料理屋】

客の注文により料理を作って供する店。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りょうりや【料理屋】

客に料理を出すことを業とする店。料理店。割烹かつぽう店。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

料理屋
りょうりや

随時客を迎えて和風料理の供応にあたる業者。料亭、割烹(かっぽう)店ともいい、中国飯店やレストラン(西洋料理)とはいちおう区別されている。料理とは食物調理または調理された食物の意ではあるが、おもに和風の正式食事(本膳(ほんぜん)仕立て)をさすようになり、酒と給仕女を伴う饗宴(きょうえん)方式をおのずから伴うことになった。中世以後喫茶の風習の一般化とともに茶屋が発達し、やがて料理茶屋の分化をみる。それは近世都市の遊里茶屋や岡場所の料理茶屋としてその後多彩な発達を遂げるが、すべてまったくの遊楽社交の場と化して、料理の供与などは添え物にすぎなくなった。一方「茶道」の普及発達によって、「酒ぬき」の形で料理自体を「好み」に応じて楽しむ風趣が生じ、いわゆる「懐石料理」の筋道が成立する。そして近世末期には、会席料理と称し「一人一膳」方式で客の「好み」に応じて食事を供与する業者が生じて、別趣の料理屋の系列が生まれた。そして本膳料理のほか、スッポン、ウナギなどの特殊料理を売り物にするものが生じたり、あるいは煮売茶屋の系列につながる「店商い」の鮨(すし)屋、天婦羅(てんぷら)屋、蕎麦(そば)屋などにも、座敷を構えて料理屋風の業態をとるものも生じてくる。こういう料理屋の多面的な発達は明治以後のことで、宴席料理主体の高級料亭から、円卓を囲んで特殊料理を楽しむ割烹店、あるいは大衆食堂に近い小料理店の類まで多種多様で、さらには現在、洋風、中国風の料理店業者とも広く混交の形を呈している。[竹内利美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の料理屋の言及

【料理茶屋】より

…江戸時代に使われたことばで,現在では料理屋,割烹(かつぽう)店,料亭などと呼ぶ。室町時代に一服一銭の茶を売ることに始まった茶屋が発展してさまざまな分化をとげた中で,とくに飲食の美を楽しもうという欲求にこたえて成立したものである。…

※「料理屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

料理屋の関連キーワード注文生産欠品ソムリエ注文流れ出前取次店冷製至り料理カスタムカット料理店

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

料理屋の関連情報