コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小地震 ショウジシン

大辞林 第三版の解説

しょうじしん【小地震】

小さな地震。詳しくは、マグニチュード三以上五未満の地震。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小地震の言及

【地震】より

…この揺れのことを地震動というが,一般には地震動のことも地震と呼んでいる。
[マグニチュードと震度]
 地震には,数百kmの範囲にわたって強い地震動をもたらし,大災害を生じるような巨大地震から,地震動は人体に感じられず,高感度の地震計だけが記録するような微小地震まで,大小さまざまなものがある。地震の大きさ(規模)はマグニチュードによって表示される。…

※「小地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小地震の関連キーワードプレートテクトニクス石本=飯田の式保有水平耐力火山性地震地震観測網地震空白域制震構造耐震構造浅田 敏地熱探査人工地震地震計鹿島灘活断層浅田敏海底余震

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小地震の関連情報