コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微小地震 びしょうじしんmicroearthquake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微小地震
びしょうじしん
microearthquake

人体では感じないが,高感度地震計で検出されるような小さな地震。日本ではマグニチュードM)1以上 3未満の地震を微小地震と呼び,M1未満の地震は極微小地震という。地震はマグニチュードの大きいものほど数が少なく,マグニチュードの小さいものほど数が多い,という一定の発生頻度分布があり,その傾向は同じ地域においては大きい地震でも微小地震でも変わらない。したがってある地域の微小地震の観測を行なえば,短期間でその地域の地震活動の傾向がわかる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

びしょう‐じしん〔ビセウヂシン〕【微小地震】

マグニチュード1以上3未満の規模の地震。無感だが、震源が浅い場合にはまれに有感となる。→マグニチュード

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

微小地震【びしょうじしん】

マグニチュード3未満,1以上の地震。1未満は極微小地震という。エネルギーの蓄積されている範囲は,地殻内100m3以下。第2次大戦後電磁地震計が完成したことにより観測,研究が進展

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びしょうじしん【微小地震 microearthquake】

マグニチュード(M)が3未満の地震。M1以下を極微小地震という。条件がよければMが-2程度の地震まで観測できる。ある地域に一定の期間中に起こる地震のM別の度数を調べると,Mを1小さくとるごとに,そのM以上の地震の総数は数倍ないし10倍になる。この法則(グーテンベルク=リヒターの法則)が微小地震についても成り立つとすれば,微小地震の発生度数はたいへん多いはずである。微小地震の観測は1948年ごろ日本で始まり,M3から-1程度の範囲でも上記の法則がほぼ成り立っていることが確かめられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

びしょうじしん【微小地震】

マグニチュード一以上三未満の規模の地震。一未満を極微小地震という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の微小地震の言及

【地震】より

…この揺れのことを地震動というが,一般には地震動のことも地震と呼んでいる。
[マグニチュードと震度]
 地震には,数百kmの範囲にわたって強い地震動をもたらし,大災害を生じるような巨大地震から,地震動は人体に感じられず,高感度の地震計だけが記録するような微小地震まで,大小さまざまなものがある。地震の大きさ(規模)はマグニチュードによって表示される。…

※「微小地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

微小地震の関連キーワードプレートテクトニクスグーテンベルク石本=飯田の式地震観測網地震空白域火山性地震リヒター地熱探査浅田 敏人工地震浅田敏活断層海底

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

微小地震の関連情報