小寺 雲洞(読み)コデラ ウントウ

20世紀日本人名事典の解説

小寺 雲洞
コデラ ウントウ

明治〜昭和期の日本画家 東海美術協会理事長。



生年
明治4年12月28日(1872年)

没年
昭和5(1930)年1月13日

出身地
愛知県

本名
小寺 鈴彦

経歴
奥村石蘭に四条派を学び、のち京都の竹内栖鳳に師事。明治30年第2回絵画共進会に入選。鶏と肖像画を得意とした。東海美術協会理事長を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android