入選(読み)にゅうせん

精選版 日本国語大辞典「入選」の解説

にゅう‐せん ニフ‥【入選】

〘名〙
① 作品などが審査に合格すること。
天寵(1915)〈森鴎外〉「入選(ニフセン)した画の作者の名とが」
② 人物が選抜され、選ばれること。また、選抜試験に合格すること。
※明六雑誌‐二八号(1875)民選議員変則論〈阿谷素〉「諸先生始多くは入選の御方と存じます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「入選」の解説

にゅう‐せん〔ニフ‐〕【入選】

[名](スル)選にはいること。応募した作品などが、審査に合格すること。「二度目の応募で入選する」⇔落選
[類語]当選

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android