入選(読み)にゅうせん

精選版 日本国語大辞典「入選」の解説

にゅう‐せん ニフ‥【入選】

〘名〙
① 作品などが審査に合格すること。
※天寵(1915)〈森鴎外〉「入選(ニフセン)した画の題と作者の名とが」
② 人物が選抜され、選ばれること。また、選抜試験に合格すること。
※明六雑誌‐二八号(1875)民議員変則論〈阿谷素〉「諸先生始多くは入選の御方と存じます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「入選」の解説

にゅう‐せん〔ニフ‐〕【入選】

[名](スル)選にはいること。応募した作品などが、審査に合格すること。「二度目の応募で入選する」⇔落選

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android