入選(読み)ニュウセン

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐せん〔ニフ‐〕【入選】

[名](スル)選にはいること。応募した作品などが、審査に合格すること。「二度目の応募で入選する」⇔落選

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうせん【入選】

( 名 ) スル
提出した作品が審査に合格すること。選にはいること。 ⇔ 落選 「日展に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にゅう‐せん ニフ‥【入選】

〘名〙
作品などが審査に合格すること。
※天寵(1915)〈森鴎外〉「入選(ニフセン)した画の題と作者の名とが」
② 人物が選抜され、選ばれること。また、選抜試験に合格すること。
※明六雑誌‐二八号(1875)民選議員変則論〈阿谷素〉「諸先生始多くは入選の御方と存じます」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入選の関連情報