コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山実稚恵 こやま みちえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山実稚恵 こやま-みちえ

1959- 昭和後期-平成時代のピアニスト。
昭和34年5月3日生まれ。6歳からピアノを習いはじめ,昭和48年中学2年で全日本学生音楽コンクール1位となる。吉田見知子,田村宏にまなぶ。昭和57年チャイコフスキー国際コンクール3位,60年ショパン国際ピアノコンクール4位と2大コンクールに入賞した唯一の日本人。平成17年「小山実稚恵20周年記念演奏会 ピアノ協奏曲の夕べ 第1夜」で文化庁芸術祭音楽部門大賞。平成6年チャイコフスキー国際コンクール,16年ロン・ティボー国際音楽コンクール,22年ショパン国際ピアノコンクールの審査員もつとめる。宮城県出身。東京芸大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山実稚恵の関連キーワードショパン国際ピアノ・コンクールピアニスト

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小山実稚恵の関連情報