夕べ(読み)ユウベ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐べ〔ゆふ‐〕【夕べ】

《「夕(ゆう)方(へ)」の意。古くは「ゆうへ」》
日の暮れるころ。夕方。「秋の夕べ」⇔朝(あした)
何かの催し物が行われる夜。「音楽の夕べ
《一説に、「よ(夜)べ」の転じた「ようべ」の音変化とも。「昨夜」とも書く》きのうの夜。さくや。昨晩。「夕べは飲み明かした」「夕べ地震があった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆう‐べ ゆふ‥【夕べ】

〘名〙 (古くは「ゆうへ」)
① (「夕(ゆう)(へ)」の意) 日が没して暗くなろうとする時刻。夜の始まる頃。夜を中心とした時間区分の表わし方で、その暗くなり始めをいう。宵(よい)の前。夕方。⇔朝(あした)
※歌経標式(772)「白雲の〈一句〉たなびく山は〈二句〉見れど飽かぬかも〈三句〉鶴ならば〈四句〉朝飛び越えて〈五句〉由不弊(ユフヘ)来ましを」
② 朝になって夜の時間の始まりを回想していうところから転じて、前日の夕方、または夕方から宵にかけてをいう。前の日の夜。昨夜。昨晩。ゆんべ。
※源平盛衰記(14C前)一二「夕(ユフベ)も今朝も御熟米をだにも御覧じ入させ給はず」
③ ある特別な催し物が行なわれる夜。
※漫才読本(1936)〈横山エンタツ〉貞操問答「この間、ベートヴェンの夕(ユウベ)に行った時かて、さうや」
[語誌]→「ゆう(夕)」の語誌

よう‐べ【夕べ】

〘名〙 (「よいべ(宵辺)」の変化したものとも、「よべ(昨夜)」の変化したものともいう) 夕方。また、昨夜。
梁塵秘抄(1179頃)二「暫しは立てたれ閨の外に、懲らしめよ、宵の程、よべもようべも夜離れしき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夕べの関連情報