夕べ(読み)ユウベ

  • ゆうべ ゆふ‥
  • ゆうべ〔ゆふ〕
  • ようべ

デジタル大辞泉の解説

《「(ゆう)方(へ)」の意。古くは「ゆうへ」》
日の暮れるころ。夕方。「秋の夕べ」⇔朝(あした)
何かの催し物が行われる夜。「音楽の夕べ
《一説に、「よ(夜)べ」の転じた「ようべ」の音変化とも。「昨夜」とも書く》きのうの夜。さくや。昨晩。「夕べは飲み明かした」「夕べ地震があった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古くは「ゆうへ」)
① (「夕(ゆう)(へ)」の意) 日が没して暗くなろうとする時刻。夜の始まる頃。夜を中心とした時間区分の表わし方で、その暗くなり始めをいう。宵(よい)の前。夕方。⇔朝(あした)
※歌経標式(772)「白雲の〈一句〉たなびく山は〈二句〉見れど飽かぬかも〈三句〉鶴ならば〈四句〉朝飛び越えて〈五句〉由不弊(ユフヘ)来ましを」
② 朝になって夜の時間の始まりを回想していうところから転じて、前日の夕方、または夕方から宵にかけてをいう。前の日の夜。昨夜。昨晩。ゆんべ。
※源平盛衰記(14C前)一二「夕(ユフベ)も今朝も御熟米をだにも御覧じ入させ給はず」
③ ある特別な催し物が行なわれる夜。
※漫才読本(1936)〈横山エンタツ〉貞操問答「この間、ベートヴェンの夕(ユウベ)に行った時かて、さうや」
[語誌]→「ゆう(夕)」の語誌
〘名〙 (「よいべ(宵辺)」の変化したものとも、「よべ(昨夜)」の変化したものともいう) 夕方。また、昨夜。
※梁塵秘抄(1179頃)二「暫しは立てたれ閨の外に、懲らしめよ、宵の程、よべもようべも夜離れしき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夕べの関連情報