コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山雨譚 こやま うたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山雨譚 こやま-うたん

?-? 江戸時代中期の川柳作者。
江戸麻布の医師。柄井(からい)川柳としたしく,所蔵の「川柳評万句合」には自身の注とともに川柳に説を問うた書き込みがおおくのこされている。天明5年(1785)刊の「誹風柳多留(はいふうやなぎだる)」第20編に,初編以来の編者呉陵軒可有(ごりょうけん-あるべし)にかわり序文をかいた。名は玄良。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山雨譚の関連キーワード雨譚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android