しく(読み)シク

デジタル大辞泉の解説

し‐く

《過去の助動詞」のク語法》…たこと。
「住吉(すみのえ)の名児(なご)の浜辺(はまへ)に馬立てて玉拾(ひり)ひ―常忘らえず」〈・一一五三〉
[補説]「水たまる依網(よさみ)の池にぬなは繰り延(は)へけく知らに」〈応神紀・歌謡〉のように「けく」となることもあり、「しく」の古形ともいわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐く

(助動詞「き」のク語法) …したこと。
※万葉(8C後)七・一四一二「吾が背子を何処(いづち)行かめとさき竹のそがひに寝之久(シク)今し悔しも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しくの関連情報