コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小幡七郎左衛門 おばた しちろざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡七郎左衛門 おばた-しちろざえもん

?-? 江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
延宝8年(1680)将軍徳川家綱の東叡山廟造営の際,頭取の幸阿弥長房(こうあみ-ちょうぼう)らにしたがい,梅原重寿(しげひさ),円阿弥武宗(えんあみ-たけむね)とともに勅額門の黒地天井に葵(あおい)紋の蒔絵をほどこした。名は政次。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android