コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小幡七郎左衛門 おばた しちろざえもん

1件 の用語解説(小幡七郎左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡七郎左衛門 おばた-しちろざえもん

?-? 江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
延宝8年(1680)将軍徳川家綱の東叡山廟造営の際,頭取の幸阿弥長房(こうあみ-ちょうぼう)らにしたがい,梅原重寿(しげひさ),円阿弥武宗(えんあみ-たけむね)とともに勅額門の黒地天井に葵(あおい)紋の蒔絵をほどこした。名は政次。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone