小幡七郎左衛門(読み)おばた しちろざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡七郎左衛門 おばた-しちろざえもん

?-? 江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
延宝8年(1680)将軍徳川家綱の東叡山廟造営の際,頭取の幸阿弥長房(こうあみ-ちょうぼう)らにしたがい,梅原重寿(しげひさ),円阿弥武宗(えんあみ-たけむね)とともに勅額門の黒地天井に葵(あおい)紋の蒔絵をほどこした。名は政次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android