コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅原重寿 うめはら しげひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅原重寿 うめはら-しげひさ

?-? 江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
梅原久音の子。延宝8年(1680)4代将軍徳川家綱の廟(びょう)が上野寛永寺につくられたとき,幸阿弥長房らとともに参加。勅使門(ちょくしもん)天井,宣命(せんみょう)や宸翰(しんかん)の箱などに蒔絵をほどこした。元禄(げんろく)2年(1689)日光東照宮の修復にもくわわった。通称は七郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android