小忌の御湯(読み)おみのおんゆ

精選版 日本国語大辞典の解説

おみ【小忌】 の 御湯(おんゆ)

大嘗会(だいじょうえ)などで、小忌人(おみびと)が身を浄めるために湯にはいるうちで、二度目にはいる湯。
※大嘗会儀式具釈(1738)六「主殿寮供大忌御湯〈略〉其先一度めにめさる湯を大忌御湯と名づけ、後に両度めさるるを小忌御湯と名づくるのみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android