小手招く(読み)コテマネク

デジタル大辞泉 「小手招く」の意味・読み・例文・類語

こ‐てまね・く【小手招く】

[動カ四]《「こでまねく」とも》手先を振って来るように示す。
「舟ばたまでおくりて互ひにみゆる内は―・き」〈浮・一代男・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「小手招く」の意味・読み・例文・類語

こ‐てまね・く【小手招】

  1. 〘 他動詞 カ行四段活用 〙 ( 「こ」は接頭語。「こでまねく」とも ) 手先だけで招く。ちょっと手招きする。
    1. [初出の実例]「小手まねきてかたかげで口にそっと相伝するぞ」(出典:玉塵抄(1563)四〇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲリラ豪雨

突発的に発生し、局地的に限られた地域に降る激しい豪雨のこと。長くても1時間程度しか続かず、豪雨の降る範囲は広くても10キロメートル四方くらいと狭い局地的大雨。このため、前線や低気圧、台風などに伴う集中...

ゲリラ豪雨の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android