コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手先(読み)タナサキ

デジタル大辞泉の解説

た‐な‐さき【手先】

手のさき。ゆびさき。
鷹狩りで、鷹を止めておく左手のゆびさき。徒前(たださき)。

て‐さき【手先】

手の先の部分。指先。「手先が器用だ」
手下となって使われる者。「盗賊の手先
江戸時代、捕吏手下となって働いた者。目明かし。おかっぴき。
雁股(かりまた)のやじりの先端。
兜(かぶと)の吹き返しの前のところ。
先頭の兵。先鋒(せんぽう)。
「五百余騎…、―をまくりて中を破(わ)らんとするに」〈太平記・二六〉

㋐扉の釣り元から最も遠い部分。
㋑2枚折りの唐戸釣り元から遠いほうの戸。
㋒土蔵の扉の幾重かになっている段。
斗栱(ときょう)で、壁面よりも前に突き出ている斗組みの列。その数によって一手先・二手先・三手先(みてさき)などという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たなさき【手先】

手のさき。指先。

てさき【手先】

手の先。指先。また、手や指の使い方。 「 -がつめたい」 「 -が器用だ」
他人の意のままに使われる者。手下。 「悪者の-」
部隊の先頭。先鋒。 「 -をまくりて中を破らんとするに/太平記 26
江戸時代、町奉行配下の同心の下働きをした者のうち、無給の者。目明かし。
雁股かりまたの鏃やじりの先。
かぶとの吹き返しの前方の称。
〘建〙
扉の釣り元から最も遠い部分。
二枚畳みの唐戸の、枠に遠い方の戸。
土蔵の扉の召し合わせ部分につけられた段。
建築の斗組ますぐみで、壁面より前方へ突き出ている斗組み。組み方によって一手先ひとてさき(出組)・二手先・三先手みてさきなどと呼ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手先の関連情報