手先(読み)てさき

精選版 日本国語大辞典「手先」の解説

て‐さき【手先】

〘名〙
① 手のさき。指のさき。
※風姿花伝(1400‐02頃)二「袖の長き物を着て、手さきをも見すべからず」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉七「割合に手先の器用ばかりで総身の筋肉が働かない」
② 先頭の兵。先鋒。
※太平記(14C後)二六「五百余騎、東西より相近(ちかづい)て、手崎(サキ)をまくりて中を破らんとするに」
手下として追いつかわれるもの。
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「名を松田肇と呼び〈略〉常に川岸の手先となりて奔走する」
④ おかっぴき。めあかし。探偵。
※法曹後鑑‐享和元年(1801)五月(古事類苑・法律四九)「盗賊火附改組之者に而、近頃手先と唱、目明同様之ものを専ら召仕」
⑤ 雁股(かりまた)、兜(かぶと)の吹返し、空穂(うつぼ)などの武具類の先端をいう。
※平家(13C前)四「浄妙房が甲(かぶと)の手さきに手をおいて」
⑥ 建築の用語。
(イ) 扉の釣り元から最も遠い方。
(ロ) 二枚畳みの唐戸で枠に遠い方の戸。
(ハ) 土蔵の扉の縁に付けられた幾重かになっている段。
(ニ) 斗組(ますぐみ)で、壁と直角に外方に突き出している斗と肘木。その出る度合により二手先(ふたてさき)、三手先(みてさき)などという。〔匠明(1608‐10)〕
⑦ 帯の先端部の折り出しの部分。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)三「帯の手先(テサキ)、はりさしのかたはしにも彼もんを付る也」

た‐な‐さき【手先】

〘名〙
① 手のさき。ゆびさき。
※二十五絃(1905)〈薄田泣菫〉天馳使の歌・なかだえ「かい拡げたる手先(タナサキ)の 後髪にも触るるやと」
※六条院宣旨集(12C前‐中)「はしをわがたなさきに引き据ゑてとだちのかたをみよりなりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手先」の解説

て‐さき【手先】

手の先の部分。指先。「手先が器用だ」
手下となって使われる者。「盗賊の手先
江戸時代、捕吏の手下となって働いた者。目明かし。おかっぴき。
雁股かりまたのやじりの先端。
かぶと吹き返しの前のところ。
先頭の兵。先鋒せんぽう
「五百余騎…、—をまくりて中をらんとするに」〈太平記・二六〉

㋐扉の釣り元から最も遠い部分。
㋑2枚折りの唐戸釣り元から遠いほうの戸。
㋒土蔵の扉の幾重かになっている段。
斗栱ときょうで、壁面よりも前に突き出ている斗組みの列。その数によって一手先・二手先・三手先みてさきなどという。
[類語]部下手下子分配下目下ランニングドッグ

た‐な‐さき【手先】

手のさき。ゆびさき。
鷹狩りで、鷹を止めておく左手のゆびさき。徒前たださき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android