コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手先 タナサキ

4件 の用語解説(手先の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

た‐な‐さき【手先】

手のさき。ゆびさき。
鷹狩りで、鷹を止めておく左手のゆびさき。徒前(たださき)。

て‐さき【手先】

手の先の部分。指先。「手先が器用だ」
手下となって使われる者。「盗賊の手先
江戸時代、捕吏の手下となって働いた者。目明かし。おかっぴき。
雁股(かりまた)のやじりの先端。
兜(かぶと)の吹き返しの前のところ
先頭の兵。先鋒(せんぽう)。
「五百余騎…、―をまくりて中を破(わ)らんとするに」〈太平記・二六〉

㋐扉の釣り元から最も遠い部分。
㋑2枚折りの唐戸釣り元から遠いほうの戸。
㋒土蔵の扉の幾重かになっている段。
斗栱(ときょう)で、壁面よりも前に突き出ている斗組みの列。その数によって一手先・二手先・三手先(みてさき)などという。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たなさき【手先】

手のさき。指先。

てさき【手先】

手の先。指先。また、手や指の使い方。 「 -がつめたい」 「 -が器用だ」
他人の意のままに使われる者。手下。 「悪者の-」
部隊の先頭。先鋒。 「 -をまくりて中を破らんとするに/太平記 26
江戸時代、町奉行配下の同心の下働きをした者のうち、無給の者。目明かし。
雁股かりまたの鏃やじりの先。
かぶとの吹き返しの前方の称。
〘建〙
扉の釣り元から最も遠い部分。
二枚畳みの唐戸の、枠に遠い方の戸。
土蔵の扉の召し合わせ部分につけられた段。
建築の斗組ますぐみで、壁面より前方へ突き出ている斗組み。組み方によって一手先ひとてさき(出組)・二手先・三先手みてさきなどと呼ぶ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

手先の関連キーワード櫂先鍬平柄頭手性頭部指先手覆不器用穂先釣りグローブ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手先の関連情報