コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小烏丸(こがらすまる)

1件 の用語解説(小烏丸(こがらすまる)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

小烏丸(こがらすまる)

古典落語の演目のひとつ。「孝行娘」とも。上方では「竹光」と題する。六代目桂文治が得意とした。オチは考えオチ。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内の小烏丸(こがらすまる)の言及

【大和物】より

…しかし,刀剣書には大宝年間(701‐704)の人として,天国(あまくに),天座,友光,藤戸らの名をあげている。この天国は大和国宇多郡の住人で,平家重代の小烏丸(こがらすまる)の作者として著名であるが,小烏丸は平安中期の作とみるのが定説であり,天国の年代や小烏丸の作者についてはなお検討を要する。 大和鍛冶の作が明らかになるのは大和五派といわれる千手院,手搔(てがい),当麻(たいま),保昌(ほうしよう),尻懸(しつかけ)の流派が確立されてからのことである。…

※「小烏丸(こがらすまる)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone