竹光(読み)タケミツ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (古来刀工の名に吉光、国光、兼光などと「光」の字が多いところからの造語)
① 刀身を竹を削って作り、刀のようにみせかけたもの。武家の下僕、折助などが刀代わりに腰に差していた。たけがたな。たけべら。
※浮世草子・色の染衣(1687)四「ぬきやるとその竹光はをれるものじゃ」
② 切れ味の鈍い刀をあざけっていう語。なまくら。
※咄本・鯛の味噌津(1779)土左衛門「家につたふる竹光(ミツ)の一腰をわきばさみあるきしが」
③ 竹光を腰に差す下僕、折助などをあざけっていう語。
※洒落本・美地の蛎殻(1779)「おゐらがやうな竹光(タケミツ)を可愛がるが孝行さ」
④ 尺八の異称。
※雑俳・柳多留‐二二(1788)「竹光のけいこ一と月してねろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android