コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小笠原常徳 おがさわら つねのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小笠原常徳 おがさわら-つねのり

?-? 江戸時代中期の篆刻家。
紀伊(きい)の人。藩につかえるかたわら篆刻をたしなみ,宝暦13年(1763)明(みん)(中国)の程彦明の印則および程受尼の印譜を再刻し,「二程印譜」を刊行した。字(あざな)は伯行。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小笠原常徳の関連キーワード篆刻家紀伊

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android