コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀伊 キイ

大辞林 第三版の解説

きい【紀伊】

旧国名の一。和歌山県全域と三重県南部に相当。紀国きのくに。紀州。

きい【紀伊】

平安後期の歌人。一宮紀伊とも。平経方の女むすめか。後朱雀天皇皇女祐子内親王の女房。「堀河百首」の歌人。祐子内親王家紀伊。「後拾遺和歌集」以下の勅撰集に三一首入集。家集「一宮紀伊集」。生没年未詳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

紀伊の関連キーワード三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島紀伊國屋三井住友VISAカード奈良県吉野郡十津川村小川和歌山県日高郡美浜町三尾寝台特急「紀伊」殺人行祐子内親王家紀伊紀伊國屋ホール薬用入浴剤 湯伊太祁曽神社辻野 惣兵衛北島 七兵衛小春治兵衛拾遺和歌集沢村宗十郎名草・菜草伊藤蘭嵎紀伊国屋きーたん前田水穂和歌山藩

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀伊の関連情報