きい

精選版 日本国語大辞典「きい」の解説

きい

〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 堅い物がすれ合って立てるかん高い音。きしる音、また、きしるような声を表わす語。
※倫敦塔(1905)〈夏目漱石〉「キーと軋る音と共に厚樫の扉は彼等と浮世の光りとを長(とこし)へに隔てる」
② 強く締めたり、ひねったりするさまを表わす語。
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉KとT「キイと胸がしめられるやうだね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「きい」の解説

】きい

美しい。

字通」の項目を見る

【奇】きい

美しい。

字通「」の項目を見る

已】きい

よろこぶ。

字通「」の項目を見る

】きい

光り輝く。

字通「」の項目を見る

【掎】きい

ゆがむ。

字通「掎」の項目を見る

維】きい

まばたく。

字通「」の項目を見る

異】きい

ふしぎ。〔論衡、談天〕鄒衍(すうえん)の書に言ふ。天下に九州り。~九州の外、(えいかい)りと。此の言異にして、聞くす。然れども亦た然否を實(ただ)す能はず。

字通「」の項目を見る

衣】きい

皇后

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android