きい

精選版 日本国語大辞典「きい」の解説

きい

〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 堅い物がすれ合って立てるかん高い音。きしる音、また、きしるような声を表わす語。
※倫敦塔(1905)〈夏目漱石〉「キーと軋る音と共に厚樫の彼等浮世の光りとを長(とこし)へに隔てる」
② 強く締めたり、ひねったりするさまを表わす語。
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉KとT「キイと胸がしめられるやうだね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android