コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小股掬い コマタスクイ

デジタル大辞泉の解説

こまた‐すくい〔‐すくひ〕【小股×掬い】

相撲のきまり手の一。相手の足の膝のあたりを内側からすくい上げて倒す技。
他人のすきに乗じて、自分の利益を図ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こまたすくい【小股掬い】

相撲の決まり手の一。相手が前に出した足の膝のあたりを内側からすくいあげて寄り出すか倒す技。
相手のすきをねらって自分の利益をはかること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小股掬いの関連キーワード決まり手相撲

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android