小華和 忠士(読み)コハナワ チュウシ

20世紀日本人名事典の解説

小華和 忠士
コハナワ チュウシ

大正・昭和期の獣医学者 北海道大学名誉教授。



生年
明治22(1889)年2月5日

没年
昭和42(1967)年1月23日

出生地
山形県

学歴〔年〕
東北帝大農科大学畜産学科〔大正3年〕卒

学位〔年〕
獣医学博士〔昭和3年〕

経歴
東北帝大助手、北海道帝大助教授を経て、昭和3年教授、同大家畜病院長、27年退官し、北大名誉教授。同年帯広畜産大学教授、28年同大学長、32年退任し、名誉教授。北海道獣医師会会長、日本獣医師会顧問、北海道総合開発委員会顧問なども歴任。家畜病理の研究、北海道での獣医学研究などに貢献した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android