コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野滋野 おのの しげの

2件 の用語解説(小野滋野の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野滋野 おのの-しげの

?-? 奈良時代の遣唐使。
宝亀(ほうき)6年(775)遣唐判官となる。8年小野石根(いわね)らと唐(とう)(中国)にわたり,翌年長安で皇帝代宗に謁見がゆるされた。役目をはたして肥前松浦郡橘浦(長崎県)にかえり,のち豊前守(ぶぜんのかみ)となった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小野滋野

生年:生没年不詳
8世紀後半の官人。宝亀8(777)年6月第14次遣唐判官として入唐,翌7月揚州海陵県(江蘇省泰州市)に漂着した。安禄山の乱(755~763)の余波で長安への入京者が60人(65人とも)に制限されたということもあったが,翌年1月長安城に至り皇帝に謁見,役目を果たしたのち6月揚州にもどり,9月に中国を離れ,10月肥前国松浦郡橘浦(長崎県上五島町あるいは玉之浦町付近とも)に帰着。時に身分は勅旨大丞正六位上兼下総権介。ちなみに帰途に遭難,大使代行を務めた小野石根は唐使趙宝英らと共に海中に没し,亡父の故郷をめざし唐から乗り込んだ前入唐大使藤原清河の娘喜娘が九死に一生を得て薩摩国(鹿児島県)にたどり着くなど,凄惨を極めたものだった。滋野は翌10年4月従五位下,11年3月豊前守に任。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野滋野の関連キーワードラージプート族漢人夜菩吉士赤鳩高麗殿嗣坂合部大分坂合部唐調淡海調老人漆部兄宅部皇子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone