役目(読み)ヤクメ

デジタル大辞泉「役目」の解説

やく‐め【役目】

役として成しとげなければならない仕事。役としての務め。「いやな役目を負わされる」→御役目(おやくめ)
[用法]役目・役割――「子供が独立して親の役目(役割)も終わった」「秘書としての役目(役割)を果たす」など、なすべき務めのでは通じて用いられる。◇「役目」の方が口頭語的で、「雨戸の開け閉めは子供の役目だ」「花子の役目はポチにえさをやることだ」のように、日常生活の中でしなければならない仕事については多く「役目」を用いる。◇「役目」は、なすべき務めとそれに伴なう立場を含めていうことがある。「自治会長の役目を退く」◇「役割」はやや文章語的で、「彼はクラス担任としての役割を十分に果たせなかった」のように、組織や団体の中で果たすべき任務の意で用いることが多い。◇「この薬の発見は医学進歩に大きな役割を演じた」のように「役割」は「役目」に比べて仕事の成果をも含めて用いることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「役目」の解説

やく‐め【役目】

〘名〙 役として務めなければならない事。与えられた仕事。職責。職分。役儀。
※浮世草子・武道伝来記(1687)三「外様の番所に替らぬ役目(ヤクメ)を承はり、初知行三百石」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android