謁見(読み)エッケン

デジタル大辞泉の解説

えっ‐けん【謁見】

[名](スル)貴人または目上の人に会うこと。「将軍に謁見する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えっけん【謁見】

( 名 ) スル
身分の高い人にお目にかかること。 「女王に-する」 「 -が許される」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えっ‐けん【謁見】

〘名〙 身分の高い人、または目上の人に会うこと。おめみえ。
※史記抄(1477)一六「さて謁見すること、県令太守に謁する様にするぞ」 〔列子‐湯問〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の謁見の言及

【見参】より

…平安時代より見られる用語で,目下の者が目上の者のもとへ参上して対面すること。また逆に目上の者が目下の者を出頭させ対面すること,すなわち引見,謁見。また官人が節会や宴会に出席することもいう。…

※「謁見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

謁見の関連情報